【実体験】新型コロナウイルスにかかった時の症状と後遺症について

新型コロナウイルス

まず今回、私がこの記事を書かせていただいた経緯をお話します。実際に新型コロナウイルスに感染して療養中に今後、症状がどのように進行していくのか、後遺症はどうだったかのかという不安があり、実際に感染された方の経験をSNSやインターネットの情報を見て勇気づけられた部分があったので、私の経験が新型コロナウイルスに感染された方に少しでもお役に立てればと思い、この記事を投稿させていただきました。

私の症状の推移

【1日目:風邪かな??】

【朝】起床時は普通の風邪かなといった症状でした。熱は37℃くらい。
【夕】熱が38℃以上まで上がり、倦怠感がありました。

【2日目:節々の痛み、頭痛、声の不調、鼻詰まり】

【朝】起床時、熱は下がっておらず38℃のままでした。そして、扁桃腺が腫れているせいか声があまりでない状態になっていました。
【夕】熱は薬を飲むと37℃付近まで下がりましたが、効果が切れると38℃にまで上昇していきました。そして、2日目からは頭痛、節々の痛み、鼻詰まりの症状が現れ、まさにインフルエンザのような症状に近い感じでした。

【3日目:倦怠感・息苦しさ・頭皮の痛み】

【朝】熱は薬を飲まなくても37℃くらいまでさがりましたが、倦怠感や少し息苦しさを感じていました。血中酸素濃度との因果関係は不明ですが、腕の血管にひんやりとした血液が流れているような不思議な感覚がありました。
【夜】3日目くらいから頭皮に痛みを感じるようになりました。そしてシャンプーで頭を洗った際に抜け毛が多い印象でした。コロナ感染による脱毛の症状がある方もいらっしゃるのおそらく私が経験したのもコロナによる可能性があると感じました。

【4日目:味覚・嗅覚障害】

味覚障害と嗅覚障害は急に来ました。風邪っぽいと感じた時から3日目までは鼻詰まりの症状がありましたが、味や匂いはしていました。しかし、4日目に急に味も匂いも感じなくなりました

【5日目:食欲が無くなる・気温を感じにくくなる(少し涼しい感覚)】

〜味覚・嗅覚〜
4日目にして味覚と嗅覚を失ったことにより、何を食べても美味しいと感じることができないため、お腹が空かず、食欲がなくなってしまいました。食の楽しみが失われるのは想像以上に精神的に辛い想いでした。ストレスもすごく、気分の落ち込みがすごくありました。味覚に関しては、他の方も言うように、おそらく甘いんだろうな、辛いんだろうな、しょっぱいんだろうなという感覚しかありませんでした。食材の味とかは全く分かりませんでした。

〜気温について〜
なぜかは分かりませんが、寒いのか暑いのかがよく分からない状態になりました。気温は高いはずなのに暑さは感じず、むしろ少し涼しい感覚がありました。もしかしたら寒気のような症状だったのかもしれません。

【6日目:痰が絡むようになる】

6日目の時点では、咳とかは出ていませんでしたが痰がすごく絡み、苦しさを感じるようになりました。

【7日目〜13日目:痰が絡み・咳が頻繁に出る】

痰の絡みに加え、咳が少し出てくるようになりました。そして、次第に咳が頻繁に出るようになりました。咳の症状は1週間はいかないくらいでおさまっていきました。

【14日目:少し嗅覚が戻る】

このまま匂いや味がしないままだったらどうしようという不安がありました。私の場合は味覚・嗅覚が無くなって1週間ちょっと経った辺りでかすかではありますが、匂いを感じるようになってきました。その時はオレンジやシャンプーを鼻に近づけて匂いを嗅いだ時で比較的、強い匂いしか感じ取ることができませんでした。しかし、匂いを感じることができた時はとても嬉しかったです。味覚についてはまだ戻ってきていなかったので、そろそろ味覚も戻って来るだろうと期待していた時でした。

【16日目:少し味覚が戻る】

少し嗅覚が戻ってきた2日後に味覚も少し戻ってきました。匂いの時と同様に、味の濃い食べ物でかすかに食材の味をかすかに感じるようになりました。味と匂いが分かるようになり、食欲も次第に出てくるようになりました。

【17日目以降:嗅覚・味覚が戻るも…】

17日目以降は嗅覚・味覚もだんだん感染前のように戻ってきましたが、完全に戻ったかというと微妙な感じです。自然の中を歩いた時にする特有な匂いが感染前はしっかりとしていましたが、感染後は薄くなったような感じがしました。中には、倦怠感や息苦しさといった後遺症が残る方もいらっしゃるそううですが、私の場合はそういった後遺症は無く、味覚・嗅覚の後遺症が少し残っているような状態です。

まとめ

今回、私が新型コロナウイルスに感染した際の症状の推移についてご紹介させていただきました。新型コロナウイルスは感染すると想像以上に辛いです。現在の新型コロナウイルスは感染力が強く、重症化しやすくなっているため、感染しないように引き続き感染予防を徹底していきましょう。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました